5G時代に向け、各社がアピール--CES 2019で披露された最新動向を振り返る - 8/10

Corinne Reichert (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-01-19 08:30

 5Gは「CES 2019」で最大のトピックの1つだった。スマートフォンのプロトタイプから、5G活用の展望に至るまで、各社が発表した多岐にわたるビッグニュースを振り返る。

Sprint:サムスンの5Gスマートフォン投入

 またSprintは同日、2019年の夏にサムスンの5Gスマートフォンを投入すると認めるとともに、「Sprint TREBL with Magic Box」と呼ばれる、LTEを活用したスマートホーム/スマートセルソリューションを披露した。

 サムスンの5Gスマートフォンは、2.5GHzと1.9GHz、800MHzの帯域幅を用いてSprintのLTEネットワークと5Gネットワークに接続することになる。

 Saw氏は「われわれの5Gネットワークインフラの中核をなすMassive MIMOプロバイダーのうちの1社でもあるサムスンが、当社初の5Gスマートフォン製品を提供し、われわれの顧客に超高速接続をもたらしてくれるという点に喜びを感じている」と述べた。

 TREBL with Magic Boxには、他のスマートホームデバイスの制御を可能にする「Alexa」が搭載されているほか、Harman Kardon製の8Wスピーカー2基と、ファーフィールドマイクが3基、アンプ、Bluetoothが内蔵されており、ノイズやエコーのキャンセル機能も装備されている。

Sprint:サムスンの5Gスマートフォン投入

 またSprintは同日、2019年の夏にサムスンの5Gスマートフォンを投入すると認めるとともに、「Sprint TREBL with Magic Box」と呼ばれる、LTEを活用したスマートホーム/スマートセルソリューションを披露した。

 サムスンの5Gスマートフォンは、2.5GHzと1.9GHz、800MHzの帯域幅を用いてSprintのLTEネットワークと5Gネットワークに接続することになる。

 Saw氏は「われわれの5Gネットワークインフラの中核をなすMassive MIMOプロバイダーのうちの1社でもあるサムスンが、当社初の5Gスマートフォン製品を提供し、われわれの顧客に超高速接続をもたらしてくれるという点に喜びを感じている」と述べた。

 TREBL with Magic Boxには、他のスマートホームデバイスの制御を可能にする「Alexa」が搭載されているほか、Harman Kardon製の8Wスピーカー2基と、ファーフィールドマイクが3基、アンプ、Bluetoothが内蔵されており、ノイズやエコーのキャンセル機能も装備されている。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]