編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

国内働き方改革ICT市場、2022年には3兆2804億円まで拡大--IDC予測

NO BUDGET

2019-01-17 15:24

 IDC Japanは1月9日、日本国内における働き方改革ICT市場予測を発表した。これによると、2017年の市場規模(支出額ベース)は2兆2769億円、2017〜2022年の年平均成長率(CAGR)は7.6%で成長し、2022年の規模は3兆2804億円まで拡大すると予測されるという。

国内働き方改革ICT市場予測:2022年
国内働き方改革ICT市場予測:2022年(出典:IDC Japan)

 成長率が最も高い分野は、ITサービス/ビジネスサービスで同CAGRが22.1%、続いてソフトウェアが12.2%、通信サービスは3.0%、ハードウェアは0.8%と予測される。

 国内働き方改革ITサービス/ビジネスサービスの市場規模は、2017年では約2800億円と最も小規模だが、エンタープライズモビリティ向けとコグニティブ/AIシステム向けの急成長によって、2022年には約7500億円まで拡大すると予測される。また、働き方改革に関する国内ソフトウェア市場は2017年に既に5400億円と大規模市場となっているが、2022年まで順調に拡大し約9700億円に達すると予測されている。

 一方、働き方改革に関わる通信サービスには企業向けデータ通信のみが含まれているので、一般的な通信サービス市場よりかなり小規模となっている。さらに働き方改革に関わるハードウェア市場は、大部分が買い替え需要に支えられおり、2017〜2022年のCAGRは最も低くなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]