編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
調査

人口減少で国内サーバ需要は縮小に--IDC調査

NO BUDGET

2019-01-21 06:00

 IDC Japanは、国内サーバ市場のシステムタイプ別予測を発表した。これによると、2018年の国内サーバ市場は、前年比0.1%増の5022億6800万円になると予測され、システムタイプ別の支出額を見ると、SoR(System of Record)が前年比0.2%減の1919億5600万円、SoE/SoI(Systems of Engagement/Systems of Insight)が同4.9%減の520億6100万円、Other(その他)が同1.4%増の2582億5100万円になるという。また、2022年の国内サーバ市場は4484億5900万円を見込んでいる。

国内サーバ市場 支出額予測、2017年〜2022年
国内サーバ市場 支出額予測、2017年〜2022年

 SoRは法人や個人事業主の事業活動(商取引)や公的機関における公的サービス提供活動の記録や処理を行うシステムで、SoEは、顧客エンゲージメントに関わるシステムを指す。また、SoIは収集したさまざまなデータの分析を通して洞察(インサイト)を得るためのシステムを定義している。SoE/SoIはSoEとSoIを合算したセグメント、Otherは「システム基盤プラットフォーム」と「機器/制御システム」を合算したとしている。

 国内サーバ市場全体では、2017~2022年の5年間における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)はマイナス2.2%と予測する。またシステムタイプ別に見ると、SoRが1505億6400万円でCAGRはマイナス4.8%、SoE/SoIが529億700万円で同マイナス0.7%、Otherが2449億8800万円で同マイナス0.8%になると予測している。

 IDCでは、国内サーバ市場全体の支出額が弱含むと予測する最も大きな要因として、生産年齢人口(15歳以上65歳未満人口)と年少人口(15歳未満人口)の減少を挙げている。両人口の減少は、サーバが処理するデータやトランザクションの減少を意味しており、この減少分を補い、かつ、サーバの価格性能比向上サイクルを上回るペースでサーバ需要が創出されない限り、同市場の拡大は望めないとしている。

 こうした状況に対し、同社では、SoR on Cloud、SoE/SoI on Cloud、およびOther on Cloudの3セグメントがプラス成長を示すセグメントだとし、サーバベンダーは、これら3つの成長セグメントのうち、特にSoE/SoI on Cloudに注力すべきだとしている。その理由として、このセグメントでは、企業規模の観点で裾野へと広がる余地があるCRMソリューションへの注力と、データに基づく洞察を得るためのコグニティブ/AIシステム関連ソリューションの拡充が期待できるからだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]