編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「いつか聞いた話が…」、IBMの新製品を機に振り返るBIの変遷

松岡功

2019-01-23 06:45

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術・製品・サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日本IBMが先頃提供開始したビジネスインテリジェンス(BI)ソフト「IBM Cognos Analytics」最新版である。

エンタープライズBIとセルフBIを融合

会見に臨む日本IBMの村角忠政IBMクラウド事業本部アナリティクス事業部Product&Solutions統括部長
会見に臨む日本IBMの村角忠政IBMクラウド事業本部アナリティクス事業部Product&Solutions統括部長

 「CognosはエンタープライズBIとセルフBIを融合し、デジタルトランスフォーメーションを支える統合BIプラットフォームへと進化した」――。日本IBMの村角忠政IBMクラウド事業本部アナリティクス事業部Product&Solutions統括部長は、同社が先頃提供開始したBIソフト「IBM Cognos Analytics」最新版の記者説明会でこう胸を張った。

 Cognosはデータ分析を行うBIソフトとして50年の歴史があり、グローバルで今も多くのユーザーが利用している。2008年にはIBMが買収した。今回の最新版の内容については関連記事をご覧いただくとして、ここでは村角氏が挙げた「エンタープライズBI」と「セルフBI」という2つの言葉に注目したい。

図1:エンタープライズBIとセルフBIの違い(出典:日本IBM)
図1:エンタープライズBIとセルフBIの違い(出典:日本IBM)

 図1が、その2つの言葉を説明したものである。加えて村角氏は、企業が保有するデータを分析するソフトとして古くから使われてきたのがエンタープライズBI、それに対して、ここ数年、ベンチャー企業を中心として使いやすさを売り物に登場してきたのがセルフBIと、両者の違いを分かりやすく説明した。

 さらに、使い手と目的という観点からすると、データ分析の専門家が経営の意思決定などを目的に使うのがエンタープライズBI、それに対して、誰もがそれぞれの目的でデータ分析を行えるのがセルフBIとも解釈できるだろう。

 ただ、図1にはそれぞれのウイークポイントが記されていない。そこで、筆者がこれまでこの分野の取材で聞いてきた中から挙げてみると、エンタープライズBIは「重厚すぎる」「高価」「データ分析の専門家しか使えない」といったところか。これに対し、セルフBIはその裏返しで登場してきたわけだが、企業で使用する場合、「ソフトによって性能・機能にバラツキがある」「使用時のガバナンス上の問題がある」との指摘を耳にした。

 今回のIBM Cognos Analytics最新版は、村角氏の冒頭の発言にあるように、両方の長所を生かしながら短所をカバーする形で「融合」を実現したというのが、最大のアピールポイントである。

10年前に起きていた「セルフBI」の胎動

 実は、エンタープライズBIとセルフBIについてここで取り上げたのは、筆者にとって「いつか聞いた話」だったからだ。

 ちょうど10年前、当時ホットな話題になっていたBIについて取材を重ね、複数のメディアで記事を書いた記憶がある。なぜ、ホットな話題になっていたか。要因は大きく2つあった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]