編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

3社連携で脅威ハンティング--APRESIAとディアイティ、ソフォス

渡邉利和

2019-01-23 09:56

 APRESIA Systemsとディアイティ、ソフォスは1月22日、3社の製品を組み合わせた「スレッドハンティング」ソリューションの提供を開始した。

 今回のソリューションは、APRESIA Systemsの「AN-Tracker」、ディアイティの「WADJET(ウジャト)」、ソフォスの「Sophos XG Firewall」の3製品で構成され、サイバー攻撃の発見、捕獲、調査を通じてブロックするという一連の動作を自動化させる。

「スレッドハンティング」ソリューションのシステム構成
「スレッドハンティング」ソリューションのシステム構成

 3社では、ソリューションに関して「スレハン(スレッドハンティング)しようぜ!」というスローガンのロゴの作成。その意図についてソフォス セキュリティコンサルタントの佐々木潤世氏は、「セキュリティには難しいというイメージがあるが、『もっと気楽に頑張ってやろうぜ』というテーマでやっていきたい」と説明した。

「スレッドハンティング」ソリューションのスローガンのロゴ
「スレッドハンティング」ソリューションのスローガンのロゴ

 脅威対策の基本となるのはソフォスの「Sophos XG Firewall」で、ここで既知/未知の脅威を検出してアラートを発し、このアラートを受けたディアイティのWADJETが脅威の分析や可視化を行い、通信の遮断などが必要と判断された場合は、APRESIA SystemsのAN-Trackerに指示を送り、APRESIAスイッチのポリシーを変更するという流れになる。リアルタイムで対応の多くが自動化され、WADJETには過去のトラフィックやアラートの情報が蓄積されていくため、過去にさかのぼったログ分析などにも対応できるとしている。

 3社は、今回のソリューションを推進するパートナーも募集すると同時に、大学や研究施設、企業のインシデントレスポンスチーム(CSIRT)、IoTを活用する産業分野などに加え、セキュリティエンジニアのトレーニングを担当する教育機関などにも利用を訴求していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]