編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Androidの公式言語「Kotlin」はなぜ若い開発者から支持されるのか

ZDNet Japan Staff

2019-01-27 08:00

 Stack Overflowの調査によると、「Kotlin」は開発者の間で2番目に愛されている言語だという。1位は「Rust」、3位は「Python」だ。2011年にJetBrainsによって開発されたこの言語が、他の伝統ある言語を差し置いて急速に開発者の心を掴んだ理由はどこにあるのだろうか。

 その理由を探るため、ソフトウェア会社のPusherはKotlin開発者2744人を調査。7月上旬に「State of Kotlin 2018」(2018年Kotlinの状況)というレポートとして発表した。

 レポートによると、Kotlinは2011年から2015年にかけて毎年倍増の成長を遂げていたという。最初に利用者が急増したのは2015年。この年はSquareがKotlinを採用し、他社もSquareに追随した。

 その後、2017年5月にはGoogleがKotlinを「Android」の公式言語としてフルサポートすることを表明、多くのAndroidユーザーが同言語を採用し始めた。米TechRepublicの姉妹サイトである米ZDNetによると、Kotlinで構築されたAndroidアプリには、SlackやNetflixなどがあるという。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年7月25日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]