編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
企業決算

SAP、堅調な第4四半期決算--10億ドル規模の構造改革計画も

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-01-30 11:55

 SAPは米国時間1月29日、2018会計年度第4四半期(2018年10~12月期)および2018年通年の決算発表を行った。同時に発表した9億5000万ユーロ(約10億ドル)規模の構造改革では、早期退職や異動を通じて業績が鈍化している事業部のてこ入れを図る計画だ。

 国際財務報告基準(IFRS)に基づく第4四半期の売上高は前年同期比9%増の74億3000万ユーロ、非IFRSベースでは13%増となった。IFRSベースの1株あたり利益は8%減の1.41ユーロで、非IFRSベースでは15%減だった。2018年第3四半期の売上高はIFRSベースで60億2000万ユーロ、非IFRSベースで60億3100万ユーロだった。

 営業利益はIFRSベースで前年同期比22%増の24億ユーロだった。

 新規クラウド受注は、前年同期比25%増の7億3600万ユーロ(固定通貨換算ベースでは23%増)、クラウドサブスクリプションとサポートの売上高はIFRSベースで前年同期比41%増の14億1000万ユーロとなった。

 ソフトウェアの売上高は、IFRSベースで前年同期比1%増の20億9000万ユーロ、非IFRSの固定通貨換算ベースでは8%増加した。

 クラウドとソフトウェアの売上高は、IFRSベースで前年同期比9%増の63億2000万ユーロだった。

 SAPは、3つの主要事業セグメントである「Applications, Technology & Services」「カスタマーエクスペリエンス」「SAP Business Network」について、第4四半期は好調だったと報告している。Applications, Technology & Services部門は、前年同期比6%増の62億6000万ユーロ、固定通貨換算ベースでは10%増だった。「SAP S/4HANA」の導入顧客が33%増加し、約1万500社となった。

 SAPは2018年通期の業績についても発表した。すべての予想を満たす、あるいは上回る結果となった。IFRSベースの売上高は247億1000万ユーロ、非IFRSの固定通貨換算ベースでは259億6000万ユーロだった。

 SAPは売上高について、非IFRSの固定通貨換算ベースで252億~255億ユーロと予想していたが、この数字を上回った。営業利益はIFRSベースで57億1000万ユーロ、非IFRSの固定通貨換算ベースで74億8000万ユーロだった。

 2018年通期の新規クラウド受注は前年比25%増の18億1000万ユーロ、クラウドサブスクリプションとサポートはIFRSベースで49億9000万ユーロ、非IFRSベースで52億1000万ユーロとなった。一方で、ソフトウェアライセンスの売上高はIFRSベースでは前年比5%減の46億5000万ユーロ、非IFRSの固定通貨換算ベースでは横ばいとなった。クラウドとソフトウェアの売上高は、IFRSベースで206億2000万ユーロだった。

 SAPは2020年の見通しについて、総売上高が非IFRSベースで286億~292億ユーロになると予想している。クラウドサブスクリプションとサポートの売上高は、非IFRSベースで86億~91億ユーロと予想しており、82億~87億という当初の予想を引き上げた。また非IFRSベースの営業利益は、85億~90億ユーロになると予想している。

 また同社は2023年までの5年間について、非IFRSベースで総売上高350億ユーロ超、営業利益の年平均成長率7.5~10%を達成したいとしている。

SAP Q4

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]