編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「R」とは補完し合う関係--データサイエンスで急成長する「Python」

ZDNet Japan Staff

2019-02-02 08:00

 最も急成長しているプログラミング言語という位置づけの「Python」だが、データサイエンスに使われることが増えているため、その地位はより強固なものとなっている。

 この関係性は、世界最大のオンライン開発者コミュニティーが集まるQ&AサイトStack Overflowによる最新の分析で明らかになった。

 Pythonは汎用性の高い言語だが、Stack Overflowによると、あるユースケースが特に目立っているとのことだ。Pythonのタグがついた質問を読んだユーザーは、ウェブ開発やシステム管理に関する質問よりもデータサイエンスに関する質問を閲覧する率が非常に高いという。

(本記事は、TechRepublic Japanで2017年9月29日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]