編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

HaskellやOCamlは「アイデアの実験場」--関数型言語で探るプログラミングの未来

ZDNet Japan Staff

2019-02-03 08:00

 今後主流となるプログラミング言語の機能が何か気になるのであれば、関数型プログラミング言語の現状を捉えてみてはどうだろうか。

 こう話すのは、Microsoftの主席研究員であり、長年に渡りずっと人気を保っている純粋な関数型プログラミング言語「Haskell」の主要コントリビューターでもあるSimon Peyton Jones氏だ。

(本記事は、TechRepublic Japanで2017年11月27日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]