編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「Windows 10 19H1」のBuild 18329が公開--検索やWindows Mixed Reality関連機能を強化

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-02-04 10:29

 Microsoftは米国時間2月1日、Windows Insiders Programに参加している「Fast Ring」ユーザー向けに「Windows 10 19H1」の新しいテストビルドをリリースした。このビルド(「Build 18329」)でも、いくつかの新機能が追加されている。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 Build 18329には、最も使用されているアプリに「Search」(検索)ボックスから迅速にアクセスできる機能が含まれる。また、「Store」アプリを起動するのと同じ方法で、「Spotify」「Paint.NET」「Visual Studio Code」などのWin32デスクトップアプリを「Windows Mixed Reality」で実行できる機能も追加される(Win32アプリをMixed Realityで起動することはこれまでも可能だったが、簡単で直接的な方法ではなかった)。

 今回のロールアウトの一環として、Microsoftはほかの関連アプリにも追加の修正を施した。「Mail」(メール)と「Calendar」(カレンダー)アプリへのアップデートでは「Dark」(ダーク)モードが強化された。また、新しいメッセージのフォントをカスタマイズできる「Default Font」機能も追加された。

 Microsoftは先週、次のWindows 10機能アップデートに先行的にアクセスしたいテスター向けに、「Skip Ahead」リングへのアクセスを開放した。ここで体験できるのはWindows 10 19H1の次のアップデート(「Vanadium」または「Windows 10 19H2」とも呼ばれている)で、メインストリームユーザーへのリリースは2019年10月頃に開始される予定だ。Windows 10 19H1(「1903/April 2019」アップデートとしても知られる)は2019年3月までに完成し、2019年4月頃にメインストリームユーザーへのリリースが開始されるはずである。

 2月1日のテストビルド18329の修正点と既知の問題の一覧を確認したい人は、Microsoftのブログ投稿を参照されたい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]