編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Slackが上場申請、非公開で

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-02-05 08:26

 ビジネスチャットプラットフォームのSlackは米国時間2月4日、新規株式公開(IPO)の申請書ドラフトを非公開で米証券取引委員会(SEC)に提出したことを明らかにした。審査手続きが完了次第、上場を目指すとしている。

Slackの最高経営責任者(CEO)、Stewart Butterfield氏
Slackの最高経営責任者(CEO)、Stewart Butterfield氏
提供:Christophe Morin/IP3/Getty Images

 CNBCによると、Slackの2018年の時価総額は71億ドル(約7800億円)以上だった。デイリーアクティブユーザーは1000万人を超えたと、Slackが1月に発表している。

 すべてが計画どおりに進行すれば、2019年はハイテク企業のIPOが相次ぐ見込みだ。Airbnb、Pinterest、Palantirなどのシリコンバレー企業に加え、配車サービスで互いに競合するUberとLyftが、IPOを実施すると予測されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]