編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

懐かしの「Windows File Manager」が「Microsoftストア」に--Windows 10対応

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-02-05 11:13

 かつて「Windows 3.0」に搭載されていた「File Manager」は、かねてから「Windows File Manager」としてオープンソース化されているが、新たに「Windows 10」向けのバイナリが「Microsoftストア」で公開されている。

Windows File Manager
提供:Microsoft/Wikimedia

 Windows File Managerは、1990年代前半の「Windows」に標準搭載されていたFile Managerのルック&フィールをこよなく愛している人たちに向けたものだ。File Managerは、ファイルの管理やアクセスにGUIを初めて採用したソフトだった。

 File Managerは、「Windows NT 4.0」において「Windows Explorer」で置き換えられたが、File Managerは同OSでも利用可能になっていた。

 Microsoftは2018年にこの懐かしいFile Managerをオープンソース化するとともに、Windows 10で実行できるよう手を加えたソースコードをGitHubで公開している。

 このWindows 10向けのWindows File Managerは、Craig Wittenberg氏の献身的な活動の成果だ。同氏のLinkedInページによると、Wittenberg氏はMicrosoftに37年近く在籍しており、「Word for Windows 2.0」から、機械学習(ML)のセキュリティ分野への適用や「Microsoft Azure」に至るまでのさまざまな仕事に携わったエンジニアだ。

 同氏がベースにしたのは2007年時点のWindows NT 4.0向けのソースコードであり、当時のルック&フィールがほとんどそのままのかたちで残されている。

 Windows 10向けWindows File Managerのバージョン10では、OLEドラッグ&ドロップがサポートされているほか、Ctrl+CとCtrl+X、Ctrl+Vがそれぞれ、コピーと切り取り、貼り付けのショートカットとして割り当てられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]