編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
調査

高収入を得られるスキルやプログラミング言語は?--Dice

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2019-02-11 08:30

 技術プロフェッショナル向け求人サイトDiceが発表した2019年技術分野の年収レポートによれば、2018年には米国の技術プロフェッショナルの年収が伸び悩み、2017年比で0.6%増の平均9万3244ドルだったという。

スキル

 技術分野の平均年収は2015年から伸びておらず、実際2015年には、この分野の失業率が歴史的な低さを記録していたにもかかわらず、平均年収は2018年よりも高い9万3328ドルだった。

 ただし、いくつかの専門的なスキルや役職を持つ技術者の年収は、平均よりも大きく伸びている。これを知れば、キャリアを転換したいと考える人もいるかもしれない。

 この調査はIT分野のプロフェッショナル1万780人を対象としたものだ。68%は年収が上がるのであれば転職したいと答えており、47%は労働条件が改善される(遠隔勤務や柔軟な労働時間)なら転職したいと回答した。

 予想に違わず、もっとも年収が高かったのは幹部職やディレクターで、前年比3.9%増の14万2063ドルだった。

 またソフトウェアエンジニアの年収は5.1%伸びて11万989ドルだったのに対し、テクノロジストラテジストやアーキテクトの年収は8%増の12万7121ドルだった。

 データベース管理者の平均年収は年間10万3473ドルだったが、伸びはわずか0.2%だった。一方、ウェブ開発者・プログラマーの年収は11.6%も伸びて、8万2765ドルとなった。テクニカルサポートの年収も6.8%増とかなりの伸びを見せ、6万600ドルになっている。

 ソフトウェアエンジニアの平均年収が5.1%増の11万989ドルだったのに対し、アプリケーション開発者の年収は7.6%増の10万5202ドルだった。年収が10万~11万5000ドルだったほかの職種には、DevOpsエンジニア、ハードウェアエンジニア、プロジェクトマネージャー、セキュリティアナリストなどがある。

 Diceは金銭的報酬につながりやすいスキルについても挙げており、もっとも年収が高いのはGoogleが開発した言語である「Go」(「Golang」とも呼ばれる)のプログラマーで、13万2827ドルの年収を得ているとした。一方、「Apache Kafka」を使っているプログラマーの平均年収は12万7554ドルだった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]