編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セブン銀行とISID、「オンライン本人確認(KYC)」の合弁会社設立を検討

NO BUDGET

2019-02-06 11:00

 セブン銀行と電通国際情報サービス(ISID)は1月29日、「オンライン本人確認(KYC:Know Your Customer)」を活用したプラットフォーム事業提供に向け合弁会社設立の検討に合意した。

 適切なプロセスで登録された本人確認情報や、高度な不正検知のノウハウを業界横断的に共用化することにより、オンラインサービス事業者がなりすましの防止や不正取引検知を実施できる環境作りを目指す。

 オンラインサービス事業者を対象に、インターネットで完結可能な「本人確認プラットフォーム事業」「不正検知のプラットフォーム事業」「コンサルティング事業」を検討していく。

 本人確認プラットフォーム事業では、顔写真が付いた本人確認書類の撮影データと本人の写真データを画像処理技術で照合する仕組みを提供し、その他の取得可能な情報と組み合わせることで厳格な本人確認を実施できるようにする。不正検知プラットフォーム事業では、人工知能(AI)を用いたビッグデータ分析により、不正申込みや不正アクセスを24時間体制で監視・検知する仕組みを構築する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]