編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

エッジコンピューティングが興隆する2019年

Forrester Research 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-02-19 06:45

 2019年には、どの企業も自社のテクノロジロードマップにエッジコンピューティングを盛り込む必要がある。エッジをIoTに限定されたものとして捉えている人も多いかもしれないが、その価値はより幅広く、ウェブの黎明期におけるコンテンツ配信ネットワーク(CDN)がそうだったように、顧客エクスペリエンスの向上に欠かせない存在だと証明されるはずだ。

 これこそ、エッジコンピューティングサービスや人工知能(AI)サービスがあらゆる大手クラウドベンダーから提供されるようになり、主な通信事業者のロードマップに盛り込まれるようになっている理由だ。Forrester Researchがまとめた「Forrester Analytics Global Business Technographics Mobility Survey, 2018」によると、調査に回答したグローバルな通信事業者の意思決定者の27%が2019年にエッジコンピューティングの実装あるいは拡大を計画していると答えている。これらベンダーの多くはこうしたデジタル変革を達成するうえで、新たな無線ツールを必要とするとともに、スキルセットを更新する必要がある。これは、Verizon Communicationsによる早期退職プログラムの実施に通じるところがある。同社が2018年12月に発表したところによると、このプログラムには1万400人を超える従業員の応募があり、100億ドル近い経費削減が見込めるという。同社はこれにより、エッジコンピューティングを中核に据えた第5世代移動通信方式(5G)ネットワークサービスを強化する計画だ。

 CDNに関しては、これらベンダーのほとんどが市場における自社の中核価値にエッジコンピューティングを追加しようとしているという。CDNを手がけるEricssonFastlyLimelight NetworksAkamai Technologiesなどの企業は、既にエッジコンピューティングを提供しているか、2019年に開始するとみられる。ほとんどの企業は残念ながらCDNを、自社のウェブアプリやモバイルアプリのためのコンテンツをキャッシュするソリューションとして捉えている。その価値は依然として存在しているが、より大きな価値は下記に挙げる分野にある。

何がエッジコンピューティングの優先順位を押し上げているのか?

  • IoT:センサデータの分析と集積。これが最も有力なユースケースであるのは明らかだが、製造企業に限定される話ではない。あらゆる国の政府はスマートシティプログラムのほか、軍や交通機関、セキュリティ関係機関の持つセンサデータに対するAIの適用拡大を優先させる必要がある。また、金融サービスやヘルスケア、教育といった分野のすべての組織はセンサデータを自らの事業価値に結び付ける必要がある。さらに、すべてのSaaS企業やデータソフトウェア企業は自社ツールによって顧客がセンサデータを集積できるよう支援する必要がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]