編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Safariの「追跡しない(Do Not Track)」設定が削除に

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-02-07 19:02

 Appleは、広告提供者やサイトにユーザーの追跡を行わないよう求めるプライバシー設定が、(皮肉なことに)ユーザーを識別するためのフィンガープリントとして利用可能であるため、同社のウェブブラウザ「Safari」からこの機能を削除すると発表した。

 この変更内容は、米国時間2月6日に公開された「Safari Technology Preview 75」のリリースノートに記されていたものだ。

 「Do Not Track」の仕様は理論上は素晴らしいアイデアだとされてきたが、現実にはまったくうまく機能していなかった。

 検索エンジン「DuckDuckGo」が2月5日に投稿した、同社が行った調査結果に関する記事によれば、米国の回答者のうち約23%がこの設定を有効にしていた。また、DuckDuckGoのサイトに対するリクエストの24.4%でこの設定が利用されていたという。

 回答者の半分近くは、「Do Not Track」の設定は、単に追跡して欲しくないという要望を伝えるだけであることを知らなかった。

 DuckDuckGoは、「Do Not Track機能は、玄関の前の庭に『家の中を覗かないでください』という掲示をしながら、窓のカーテンをすべて開けておくのと同じようなものであることが知られていないのは危険だ」と述べている。

 「実際、Google、Facebook、Twitterを含む大手IT企業は、サイト利用者のDo Not Track設定を尊重していない」(DuckDuckGo)

 同社によれば、回答者の72%が、企業にこの設定を尊重するよう義務づける連邦規制の制定に賛成していた。

 1月30日には、Safariのエンジニアが、1つのサイトが読み込み可能なJavascriptの量を制限することについて議論を交わしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したも のです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]