編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JPモルガンやゴールドマン…投資銀行がトレーダーに「Python」を教える理由

ZDNet Japan Staff

2019-02-10 08:00

 人工知能(AI)やオンライン融資プラットフォームが金融業界の未来を形成しつつある中、JPMorgan Chase、Goldman Sachs、Citigroupといった大手金融機関では投資銀行員にプログラミングを教えていると、Financial TimesおよびThe Wall Street Journalが伝えている。

 取引を進める際に銀行員が電話に向かって叫んでいる時代は終わった。彼らはいまやプログラミングスキルを習得しつつあり、そのスキルで自社のポジションを確認し、顧客に見積価格を提供し、買い手と売り手をマッチさせ、リスクを知らせるといったアルゴリズムを構築して管理しようとしている。ただし、報道によると、業界全体で成長を続ける自動化への流れによってトレーダーがいなくなったわけではない。その役割が純粋な銀行員から技術者へと変わったのだという。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年11月7日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]