編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

女性管理職が70%の企業トップが語る--JALグループの女性活躍の地道さ

ZDNet Japan Staff

2019-02-11 08:00

 日本を代表する航空会社である日本航空(JAL)。世界中にスタッフを抱え、年齢や性別、国籍、生涯、ライフスタイルはもちろんのこと、価値観や能力、経験、感性もさまざまな社員が個々の個性を生かして活躍できる企業を目指す同社では“ダイバーシティ”の推進は、経営戦略の1つに位置付けられるほど重要な要素だ。

 そんなJALグループは、女性社員の比率が約50%を占め、女性の活躍が進んだ企業の1つでもある。女性の管理職の割合も高く、羽田を含むJALの東京空港支店長と執行役員の他、グループ会社の1つであるJALスカイの代表取締役社長も務める屋敷和子氏もその代表的な1人だ。屋敷氏がトップとして約2500人の社員を率いるJALスカイでは、女性管理職の割合は70%にも及ぶという。

 7月12日に開催された「HR EXPO」内の「『ダイバーシティ』に思うこと~女性社長の立場から~」と題した講演で屋敷氏は女性社長の立場から見たり感じたりしたダイバーシティの本質と、JALスカイで進めている女性活躍推進のための施策を語った。

 屋敷氏が「女性が安心して長く働くことができる職場」と自負を語るJALスカイでは、女性活躍を推進するための取り組みや施策を3つの柱で実施している。結婚、出産、子育てなどライフステージが変わるたびに、女性の働き方は影響を受けるものだが、1つ目の柱となるのが“両立支援”だ。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年9月20日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]