編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

日本株だけでいい?--米国株にも投資したいなら

ZDNet Japan Staff

2019-02-15 10:33

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. グローバルグロースの鈍化が上値の重し
  2. 米国株式にも分散投資していきたい理由
  3. 経費率の低い米国株式連動型ETFに注目

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

グローバルグロースの鈍化が上値の重し

 世界市場に影響度の大きい米国市場では、投資家のリスク許容度が改善。ダウ平均株価の年初来騰落率は+9.5%、S&P500指数は同+9.8%、ナスダック総合指数は同+11.8%と堅調となっている(2月13日)。

 米中貿易交渉の進展期待、政府機関の閉鎖回避期待、米国株の回復を受け「恐怖指数(S&P Volatility Index)」は昨年10月初来の水準(15ポイント台)に低下。外部環境改善と為替のドル高、円安を受け、国内でも、日経平均株価が節目と見られていた2万1000円台に回復した。

 とは言っても、日経平均やTOPIX(東証株価指数)の堅調は、SBG(ソフトバンクグループ)の株価が大幅高となった効果を無視できない。同社が2月6日に発表した2018年4~12月決算では、営業利益は前年同期比62%増と市場予想を大きく上回り、「株価が株式価値を反映していない」(孫正義社長)として、大規模(上限6000億円)な自社株買いを発表したことが要因である。SBGの株価は年初来47.4%上昇し、日経平均やTOPIXの戻りに寄与した。ただ、「グローバルグロース(世界の景気動向)に最も敏感な株式市場」と称される日本株の先行きを楽観視できない。

 図表1は、OECD(経済協力開発機構)景気先行指数と日米株式指数の推移を示したものである。世界の景況感鈍化を背景に、外需型企業の業績見通しは当初見通しより下方修正気味だ。実際、日経平均の年初来騰落率は+5.6%、TOPIXは同+6.4%と世界市場で出遅れている。今後も、世界景気の行方や貿易摩擦の影響を巡る不透明感が、日本株の上値に重しとなりそうだ。

図表1:世界景気先行指数と日米株式の推移

図表1:世界景気先行指数と日米株式の推移
出所:OECD(経済協力開発機構)、Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]