編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

5Gはスマートフォン以外にどんな場面で使われるか--5つの用途を紹介

James Sanders (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-02-25 06:30

 携帯電話会社が世界中の地域に大急ぎで5Gを展開するにつれて、そのメリットに対する関心は高まり、売り込みは加速していく。5Gがすでに普及しているスマートフォンで利用されるのは明らかだが、プロフェッショナルはそれ以外にもさまざまな形で5Gを活用していく可能性が高い。その際には、ウェアラブル技術や自動運転車などの5Gによって可能になる新たな様式の技術よりも、既に導入されているデバイスのアップグレードが先行すると考えられる。

 この記事では、5Gがスマートフォン以外に使われる5つの用途を紹介する。

1.近接マーケティング

 近接マーケティングはまだ生まれたばかりの分野で、マーケティングの専門家が、この技術の活用法を模索している段階にある。2018年12月には、Burger Kingが古くからの競合企業であるMcDonald'sを標的としたキャンペーンを展開し、同社の看板メニューである「ワッパー」を1セントで販売した。ただしその値段で買うには、McDonald'sの店舗から600フィート(約183m)以内で、Burger Kingのアプリからワッパーを注文する必要があった。このキャンペーンには多少のリスクがあったが、マーケティング業界では評判になった

 一方、日本の無印良品が展開しているポイントサービスでは、ジオフェンシング技術を使い、同社の店舗に行くだけで商品を購入しなくても1ポイントが付与される仕組みを設けているが、このサービスでは多少の問題が発生した。ある金銭目的のハッカーが、数百のアカウントと45台のパソコンを使用し、GPSデータを偽装して日本、欧州、米国の多数の店舗に562万回来店したように装い、ポイントを獲得したのだ。このハッカーは、GPSデータを偽装する同じテクニックを使って、イオン九州からも4万9100ドル(約540万円)相当のポイントをだまし取り、同じ月に2度逮捕されている。

 5Gはマイクロセルを利用しているため、GPSデータに偽装がないかを検証する二次的な手段を提供できる。これを利用すれば、近接ターゲティングの信頼性を上げ、キャンペーンを悪用しにくくすることができると考えられる。これは5Gの信号が利用できさえすれば技術的に実現できるため、5Gのメリットを活用する最初の事例の1つになるだろう。

2.混雑した空間でのWi-Fiとの連携

 ミリ波周波数帯を使用しており、小型の基地局を多数配置する必要がある5Gのモバイルネットワークは、比較的狭い空間で多くのデバイスを接続しなければならないような場面に強い。多数の人が参加するカンファレンスの会場で、各参加者がスマートフォンを持ち込み、他のデバイスをテザリングするような場面では、ネットワークも輻輳しがちだが、5Gはそんな場面にも対応できるように設計されている。同じことは、スタジアムや大規模なオフィスビルなどの、トラフィック量が大きく変化するような他の状況にも当てはまる。

 さらに、QualcommのSanjeev Athalye氏は、CES 2019でのTechRepublicの取材に対して、5GとWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)は共存できるように設計されており、「Wi-Fi 6とその隣接規格によって、Wi-Fiのセキュリティが改善されるため、今ほどは不正なアクセスポイントのことを心配しなくてもよくなる」と述べている。Athalye氏はまた、5Gでは携帯事業者のコストが下がり、いわゆる「無制限データプラン」が可能になることから、「一般消費者が、自分が今携帯の電波で通信しているのか、Wi-Fiで通信しているのかを考える必要がなくなり、携帯電話のデータ通信量を消費していないかと心配せずに済むようになる」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]