編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Zoho、「Office Suite」最新版を発表--AIアシスタントなどで強化

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-02-15 16:52

 Zohoは、オフィス生産性スイート分野にはまだ革新の余地があり、Microsoftの「Office 365」やGoogleの「G Suite」が優勢を誇るこの分野に割り込みたいと考えているようだ。「Zoho Office Suite」の最新版が発表された。

Zoho Show on Apple TV
Apple TVを利用したZoho Show

 Zoho Office Suiteの利用は、個人ユーザーなら無料だ。企業向け生産性向上&コラボレーションの統合スイート「Zoho Workplace」の一部としても利用できる。Zoho Workplaceは、1人あたり月額360円から利用可能だ。Googleはごく最近、「G Suite Basic」の利用料金を月額6ドルに、「G Suite Business」を月額12ドルに引き上げている。

 Zohoによれば、文書作成の「Zoho Writer」、表計算の「Zoho Sheet」、プレゼンテーションの「Zoho Show」、メモアプリの「Zoho Notebook」などが、同社の人工知能(AI)機能である「Zia」や対話型AIの「Zia Voice」によって強化されている。さらにOffice Suiteは、業務向けチャットの「Cliq」とも連携した。

 Office Suiteは、文書の共有や署名、メモ作成、アプリケーション間のドラッグ&ドロップ操作などで、 前後の関連性に配慮して、協業を改善できるように構築されているという。Zohoは以下のような機能を提供する。

  • Zoho Writerは、文法、スタイル、文章の質に基づき、読みやすさを採点。Ziaアシスタントが修正を提案する。
  • Zoho Writerは、文書の差し込みやフォーム入力を元にした文書の作成、ワンクリックでの署名の収集など自動化機能を提供。
  • Zoho Notebookは、異なるタイプの情報源から情報を探し、スマートカードに保存できる。
  • Zoho Sheetは、矛盾や重複に対処するためのデータクリーニングツールを提供。またカスタム関数機能により、ユーザーは独自の関数を作成できる。
  • Zoho Showは、Apple TVおよびAndroidに対応したデバイスでも閲覧できるようにした。

 

提供:Ease of reading advice.
文章の読みやすさをアドバイス。
Zoho
 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]