編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

映像のAI解析で事故の責任割合を自動算定--損保ジャパンとジェネクスト

NO BUDGET

2019-02-18 06:00

 ジェネクストは、損害保険ジャパン日本興亜と共同で、人工知能(AI)を活用した自動車交通事故における責任割合を自動算定するシステムを共同開発すると発表した。

 このシステムは、事故状況の確認、事故原因の調査といった手順をデジタル技術によって効率化し、迅速な事故解決を可能にするもので、ドライブレコーダーの映像を自動的に分析する。

 ドライブレコーダーで撮影された映像から衝突した車両の速度や相対的な距離など、事故原因の究明と事故の責任割合の判断につながる情報を正確に分析するには、専門の知識と技術が必要で、多くの時間を要する。

映像分析のイメージ
映像分析のイメージ

 そこで、広角レンズで映像を撮影するため、映像にゆがみが生じているドライブレコーダー映像を、ジェネクストが保有する正確な速度、相対的な距離、位置情報を分析できる特許技術を活用し、分析する。この技術と映像における車両挙動・道路形態を認識し判定するAI技術を組み合わせることで、衝突時の映像から事故に至る双方の車両の動きや道路状況など、多岐にわたる情報を正確に読み取ることが可能となる。さらに読み取った情報と損保ジャパン日本興亜が蓄積してきた事故に関する知見などをもとに、確度の高い責任割合の判定を自動かつ迅速に行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]