編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Dell EMC、データ保護アプライアンスでクラウド対応を強化

ZDNet Japan Staff

2019-02-26 10:08

 Dell EMCは2月25日、バックアップストレージアプライアンス製品「Dell EMC Data Domain」とデータ保護製品「Integrated Data Protection Appliance(IDPA)」の新機能および機能強化を発表した。パブリッククラウド連携や処理能力の増強を図っている。

 両製品に搭載されるソフトウェアの最新版「Data Domain OS 6.2」「IDPA 2.3ソフトウェア」では、クラウド連携の「Cloud Tier」において、新たにGoogle Cloud Platform(GCP)とAlibaba Cloudのサポートを開始する。また、オンプレミスやクラウドのストレージ容量管理を効率化する「Free-space Estimator Tool」も提供する。

 また、Data Domainの仮想化環境向け「Data Domain Virtual Edition」では、サポート対象のパブリッククラウドサービスをAmazon Wen Services(AWS) GovCloud、MicrosoftのAzure Government Cloud、GCPに拡張。クラウド環境に格納可能な容量をインスタンス当たり最大96テラバイトに増加させ、クラウド環境でもアプライアンスと同様のデータ保護を提供するとしている。

 IDPA製品群では、クラウド環境へのバックアップを行う「Native Cloud Disaster Recovery」機能にも対応し、エンド・ツー・エンドでのフェールオーバーが可能になった。これにより、全てのData DomainとIDPAで、災害時などのクラウドでのシステム復旧先として、VMware Cloud on AWSを含むAWSとMicrosoft Azureのサービスが利用できるようになる。

 この他に、IDPA製品群ではデータキャッシュ機能を強化し、「Instant Access and Restore」におけるパフォーマンスを、1IOPS当たりで最大4倍、20ミリ秒の遅延で最大4万IOPSを実現した。Data Domainのアプライアンスにおいてもオンプレミス/クラウド間のデータ処理速度を向上させ、厳格なSLA(Service Level Agreement)にも対応できるとする。

 Data Domainでは、アプライアンス「DD3300」に8テラバイト容量のモデル(税別、最小構成215万1000円から)も追加した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]