編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

CMS「Adobe Experience Manager」新版、制作現場のワークフローを最適化 - (page 2)

阿久津良和

2019-02-26 07:00

 Adobe Asset Linkは、画像編集ソフトウェア「Adobe Photoshop」やベクターイメージ編集ソフトウェア「Adobe Illustrator」、DTPソフトウェア「Adobe InDesign」に拡張機能を追加し、AEMへ直接アクセスすることで、アセット編集を可能にするというもの。AEM上の素材を各アプリからチェックアウト(編集)し、編集時はロックをかかることで他のユーザーによる競合を避ける仕組みも備える。チェックアウト(アップロード)後はタイムラインで過去の編集バージョンを確認し、必要であれば以前のバージョンにも書き戻せるという。

 AEM Desktop AppはローカルPCにインストールすると、メニューバーや通知領域にAEMのアイコンが加わり、接続先サーバの設定でmacOSのFinderやWindows Explorerを使用して、AEMで管理するアセットを任意のアプリで編集、閲覧できる。両者の機能を通じて、「クラウドベースで履歴やコメントのやり取りといった(アセットの)一元管理が可能になる」(安西氏)と語る。

AEM Desktop Appの概要
AEM Desktop Appの概要

 Fluid Experiencesの文脈ではコンテンツ配信サービスを強化するため、“ヘッドレス配信”を実現する「Content Services」と、SPA(Single Page App)によるオーサリングを可能にする「SPA Editor」、デジタルサイネージなどのコンテンツ配信を管理する「In-Store Experience」が新たに加わった。

 ここでいうヘッドレス配信は「Headless CMS」とも呼ばれるREST APIでコンテンツを提供するCMSを指す。ウェブページを構成するHTMLとデータを分岐し、JSON形式などでデータを管理する。SPAはJavaScriptフレームワークを使用し、単一ページでコンテンツを切り替えるアーキテクチャ。身近なところではFacebookやGoogle MapがSPAを用いており、アドビシステムズも「最低限の差分だけ読み込み、コンテンツを表示するSPAは企業からの需要も多く、対応しなければならない」(安西氏)という。

Content Servicesの概要
Content Servicesの概要

 アドビシステムズの説明にあるとおり、Content ServicesはモバイルアプリやIoTアプリで利用可能なJSON形式の出力に対応。SPA EditorはJavaScriptフレームワークである「React」や「Angular SPA」に対応し、最終的完成図をAEM上で管理、編集する機能だ。

 スマートフォンやタブレット用のプレビュー機能も用意し、PC版とは異なるレイアウト(横並びの画像をスマートフォンなら縦積みにするなど)の設定が可能になる。

SPA Editorの概要
SPA Editorの概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]