派遣スタッフの勤怠管理にSaaS活用--手書きのタイムカードを置き換え

藤代格 (編集部)

2019-03-01 07:15

 IT人材の派遣などを事業に持つ日本アシスト(横浜市鶴見区)は、2月1日から業務報告SaaS「Check-in」を活用。派遣スタッフの管理業務改善に向けたトライアルを実施しているという。2月27日、Check-inを開発、提供する西菱電機(兵庫県)が発表した。

 大手派遣会社はスタッフの就業管理で独自システムを構築、運用する一方、中堅以下の派遣会社は手作業の管理が続いているという。

 派遣先企業のルールに合わせてスタッフがタイムレコーダーや手書きのタイムカードで就業を記録、派遣先企業から締め日にファクス送信といった工程で管理するケースが多いという。双方にとって手間がかかる、手書きでの記載ミス発生、派遣スタッフで修正可能など、業界全体としての課題があるとしている。

 Check-inを活用し、アナログだった管理をシステム化。データを容易に集計できるほかに派遣先企業、派遣スタッフ、派遣元企業の3者での効率良い情報伝達ができるという。派遣スタッフの残業時間を月半ばで把握して法定内労働時間に調整したり、管理者による定期的な現場巡回業務の削減などを目指すとしている。

 Check-inは、PCやスマートフォンで利用できる業務報告ツール。現場や外出先から位置情報を利用し、作業日報、営業日報、荷物配達記録などの報告書が送信できるという。報告書はウェブで閲覧や回覧、Excelファイルでの出力などが可能で、作成時間やデータ集計時間の短縮など、業務を効率化するとしている。

1月9日に新機能を追加している(出典:西菱電機)
1月9日に新機能を追加している(出典:西菱電機)

 1カ月の無料トライアルのほか、フォームが10まで作成できるライト、250まで作成できるベーシック、500まで作成できるビジネス、1000まで作成できるエンタープライズの4つのプランで提供する。いずれも税別月額利用料金は1IDごとで、ライトが200円、ベーシックが480円、ビジネスが980円、エンタープライズが1400円。

 ビジネス向けSaaSを集め、比較検討から購入、ライセンス管理までがAmazon上で完結できる「Amazon SaaSストア」でも販売。フォームが1500まで作成できるという。期限がくると自動更新する 「サブスクリプションモデル」で提供され、1ユーザーあたりの税込価格は月額1728円から。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]