編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バイナル、「SAP Cloud Platform」をOEMで採用

NO BUDGET

2019-03-01 10:09

 バイナルは、SAPのPaaSである「SAP Cloud Platform」をOEMで採用した。SAPジャパンが発表した。

 バイナルは、輸出入貿易業務や通関業務などの貿易業務サポートシステムを提供する企業。同社は、2017年7月にリリースした輸出入貿易システム「TOSS-CLOUD+」により、クラウド環境でのTOSSシステム導入提案、システム構築が、単独で実施できるようになった。今回の採用により、TOSSシリーズを介し、メーカー、商社、通関業者、NVOCC(非船舶運航一般輸送人)物流業者、倉庫業者、保険会社、銀行など多くの取引先が貿易取引情報でデータ連携できるようになる。

 従来、案件別に導入事例のテンプレートを活用してERP基幹システムとのデータ連携プログラムを構築していたが、「SAP Cloud Platform」を採用し、SAP API Managementを利用したデータ連携のためのWebサービスを提供することにした。これにより、ユーザーはSAP S/4HANAをはじめとした各種ERPシステムとTOSSシステムとのリアルタイムでのデータ連携が容易になる。

 今後、同社ではシンガポールを皮切りに、グローバルでのTOSSシリーズ導入を進める予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]