編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「未来の働き方」で企業のデジタル化を支援--Kofaxが推進する次世代RPA基盤

藤本和彦 (編集部)

2019-03-04 07:00

 RPAツールを提供するKofaxは、次世代プラットフォームとして「Kofax Intelligent Automation(Kofax IA)」を推進している。RPA本体に加え、人工知能(AI)や機械学習、光学文字認識(OCR)、自然言語処理(NLP)なども活用する。

 Kofax IAは、従来のRPAに「コグニティブキャプチャ」や「データ分析」などの機能を統合し、より幅広い業務領域でのプロセス連携を可能にする統合基盤。コグニティブキャプチャでは、OCRなどを使って非構造化データを構造化データに変換する。非定型の書類フォーマットを機械学習させることで、テンプレートなしで読み込ませることも可能になる。文書やコンテンツなどの非構造化データがRPA導入の障壁になっているという。

Kofax IAの構成イメージ
Kofax IAの構成イメージ

 RPAはプラットフォームの中核を担うツールだ。反復的な業務をソフトウェアロボットに代行させることで自動化する。3月18日に最新版となる「Kofax RPA 10.4」を一般向けにリリース予定。新機能には、ロボットのバージョンと構成の管理、展開、バックアップを可能にするライフサイクル管理、人間とアプリケーション間のやりとりを追跡するプロセスディスカバリなどがある。管理コンソールが日本語化され、ユーザーエクスペリエンスの改善が図られる。また、2019年第1四半期には同製品の12カ月無償トライアルも提供する。

 2月19日には、Kofax IAの機能強化に向けて、イスラエルのTop Image Systems(TIS)と、米国のNuance Document Imaging(NDI)を買収すると発表した。両社が保有するOCR技術やSaaS機能などをプラットフォームに組み込んでいくとしている。

 第2四半期には、Kofax IAをリリースするほか、デジタルマーケットプレイス/AIエコシステムの展開を始める。その後もKofax IAのクラウド対応(第3四半期)を進め、ロボットに自然言語処理や音声処理を実装できるように機能拡張する予定。

Kofaxの製品ロードマップ
Kofaxの製品ロードマップ

 多くの企業は、大規模な労働力の再編成が進行中であり、従来のツールだけでは十分に対応することができなくなっている。企業のデジタル変革に向け、AIで武装したデジタルワーカーを活用して、業務の生産性を向上していく必要がある、と最高戦略責任者のChris Huff氏は指摘した。

 「2019年1月に“Work Like Tomorrow”(未来の働き方を今日から)というスローガンを掲げた。Kofax IAでデジタルワークフォースなどの未来の働き方を取り入れる企業を支援し、労働力を強化していきたい」(同氏)

Kofax 最高戦略責任者のChris Huff氏
Kofax 最高戦略責任者のChris Huff氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]