編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

仮想通貨の採掘者が「Docker」に関連する脆弱性など悪用の恐れ--Imperva調査

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-06 11:23

 Impervaのリサーチャーは米国時間3月4日、多数の「Docker」のリモートAPIがオンラインで無防備な状態のまま公開されており、ホストの制御が奪われて仮想通貨の不正な採掘に利用できる恐れがあることを同社のブログで明らかにした。

 Dockerコンテナは仮想化テクノロジの一種であり、これを用いることで、コードや依存性をパッケージ化し、さまざまなコンピューティング環境やOSを横断して利用できるようになる。コンテナはIT環境や、アプリのテストにおけるライフサイクルの効率化に利用できるため、このところ導入が進んでいる。

 Dockerとのやり取りはターミナルやリモートAPIを介して行える。しかし、こうした制御メカニズムが無防備な状態で公開されている場合、コンテナのセキュリティが侵害され、コンテナ内のアプリケーションのセキュリティも侵害されるおそれがある。

 2月には、Dockerコンテナからホストのrootアクセス権限を獲得するために利用できる脆弱性(CVE-2019-5736)が公表されており、Impervaのリサーチャーは、「この新たな脆弱性と、無防備な状態で公開されているDockerのリモートAPIを組み合わせることで、ホストを完全に掌中に収められる」と述べている。

 Impervaのリサーチャーは、インターネットに接続されているデバイスを検索できるエンジン「Shodan」を用いて、Dockerの稼働に利用されているオープンポートを検出し、そのうちのいくつが実際に脆弱な状態に置かれているのかを公表した。

 リサーチャーは、合計3822のDockerホストでリモートAPIが公開されていることを見出した。さらに、Dockerイメージの一覧を返すポート2735経由でのIP接続を試みたところ、アクセスできたホストの数はおよそ400にもなったという。

 Impervaが公開しているスクリーンショットで、赤色で示されているDockerイメージが仮想通貨採掘者のものであり、緑色で示されているのが「MySQL」や「Apache Tomcat」といった、本番環境で稼働している正規のサービスのものだ。

Impervaによるスクリーンショット

 クリプトジャッキングとも呼ばれる不正な仮想通貨採掘では、Ethereum(ETH)やMonero(XMR)といった仮想通貨を採掘するために、侵入したPCの演算能力が利用される。

 Impervaが検出したクリプトジャッキングの大半はMoneroの採掘だったが、犯行元や、不正に獲得された仮想通貨の送金先を追跡することはできなかった。

 クリプトジャッキング攻撃は、公開されているDockerコンテナという攻撃ベクタに対して考えられる攻撃の1つでしかない。Impervaによると、このようなシステムはクリプトジャッキング攻撃だけでなく、ボットネット接続や、データの窃盗、内部ネットワークに侵入するための踏み台、フィッシングキャンペーンのためのホストサービスの運用に向けた攻撃に対しても脆弱である可能性があるという。

 リモートAPIを利用することは、管理を目的とした、あるいはAPIへのアクセスを必要とするサードパーティーのアプリやサービスを統合したいと考えているDockerユーザーや開発者にとって価値があるかもしれない。しかし、現時点で存在しているこうしたセキュリティの問題に取り組むうえで、信頼されたユーザーに対してのみアクセスを許可するようにしておくべきだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]