編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、スマホ上で学習するAI訓練システムを備えた「TensorFlow Federated」公開

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-03-07 10:12

 Googleが開発した新しいコンピューティングツールを利用すれば、開発者はユーザーのプライバシーを尊重する人工知能(AI)搭載アプリを構築できる。

TensorFlow

 Googleは米国時間3月6日、「Federated Learning」と呼ばれるAI訓練システムを組み込んだオープンソースソフトウェア「TensorFlow Federated」をリリースした。TensorFlow Federatedはスマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスに分散しているデータを使用して、新しい能力を習得する。しかし、そのデータを学習のためにデータを中央サーバに送り返すのではなく、スマートフォンやタブレット上で学習し、学習したことだけをアプリメーカーに送り返す。

 Federated Learningは「デバイス上にデータが存在する場所のすぐ隣で、機械学習アルゴリズムの一部」を実行すると、Google ResearchのプロダクトマネージャーのAlex Ingerman氏はインタビューで述べた。このアルゴリズムは既に知っていること(電子メールへの返信の提案など)をスマートフォン上のデータに適用し、そのプロセスで学習した内容の要約を作成して返信する。

 TensorFlow Federatedは、コンピューティング業界を席巻しているAI革命に、プライバシーを尊重する重要な新機能を追加するものだ。AIは機械に十分な学習をさせて、現在では人間を必要とする作業を完了できるようにすることで、私たちの働き方や生き方を変えると期待されている。例えば、多くの人がテキストメッセージアプリの辞書に「side-eye」(目だけを横に動かして不満やいら立ちを伝えること)という単語を追加した場合、アプリは独力でその単語の語法を理解して、標準の辞書に組み込むことができる。

 これらのタスクの処理能力を高めるために、機械は大量のデータを見る必要があり、そのことがプライバシーを懸念する人々に不安を抱かせている。Federated Learningはそうした懸念を和らげるのに役立つだろう。

 TensorFlow Federatedは「Android」スマートフォンや「iPhone」向けの「Gboard」キーボードなど、Googleのいくつかのアプリに既に組み込まれており、入力候補を提示するために入力パターンを分析している。今回、TensorFlow Federatedが無料で共有されるオープンソースソフトウェアになったので、AIプロジェクトに携わるほかの開発者も、一から始める必要がなくなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]