編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

機械学習で選ばれる言語を目指す「Julia」の挑戦--ライブラリ「Flux」が鍵

ZDNet Japan Staff

2019-03-09 08:00

 「Julia」は2018年、最も急速に成長しているプログラミング言語の1つとして台頭した。複数の主要言語の強みを組み合わせたアプローチが高く評価されている

 先ごろ迎えたバージョン1.0を機に、Juliaの関係者は、機械学習(ML)分野で選ばれる言語にするという大きな目標を掲げた。

 その目標の達成を支えているのが、Juliaの機械学習ソフトウェアライブラリ「Flux」だ。このライブラリはMLコードを容易に記述して、訓練プロセスがシンプルになるように設計されている。また、GPUやGoogleの「Tensor Processing Unit」(TPU)といったハードウェアアクセラレータにおいて、パフォーマンス面で競合のフレームワークを上回るメリットが得られる。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年12月17日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]