編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows InsiderでDTraceが利用可能に

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2019-03-13 10:48

 Microsoftが「Insider」ビルドに「DTrace」のサポートを加えている。オープンソースの「OpenDTrace」プロジェクトのポーティングをによって実現した。

Microsoft
提供:Microsoft

 MicrosoftでWindowsカーネル担当プリンシパルグループプログラムマネージャーを務めるHari Pulapaka氏はブログで、WindowsでのDTraceサポートのために加えた改変は全てGitHubで公開すると述べている。マージは今後数カ月で行うが、その間MicrosoftはDTraceのソースコードを公開する。

 Windows 10でDTraceを利用するためには、64ビット版「Windows 10 Insider Build 18342」以上、そして有効なInsiderアカウントが必要になる。DTraceは管理者モードで動かす必要がある。

 Pulapaka氏によると、MicrosoftはDTraceによるトレースを可能にするために新しいカーネル拡張ドライバ「Traceext.sys」を作成したという。Traceextはオープンソースではない。

 DTrace、そしてZFSファイルシステムはかつて、当時のSun MicrosystemsのOSである「Solaris」の重要な部分と考えられてきた。

 だがSolarisの衰退とともに、いずれもLinuxやBSDなど他のOSでも採用されるという道を選んでおり、成功の度合いもそれぞれだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]