編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWSが「Open Distro for Elasticsearch」リリース

ZDNet Japan Staff

2019-03-13 13:00

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間3月11日、「Elasticsearch」の新しいディストリビューション「Open Distro for Elasticsearch」をオープンソースとしてリリースした。Elasticsearchは分散型全文検索エンジンで、構造化データと非構造化データのどちらにも対応しており、ウェブスケールのログ解析やリアルタイムアプリケーション監視などで幅広く利用されている。

 Open Distro for Elasticsearchは、100%オープンソースで、AWSによってサポートされる「価値が付加されたElasticsearchのディストリビューション」だとAWSは説明している。もともとオープンソースプロジェクトであるElasticsearchと「Kibana」(可視化ツール)のコードを利用している。Open Distro for Elasticsearchの主な機能には、以下のようなものがある。

  • セキュリティ:ノード間の暗号化、5種類の方式の認証、ロールベースのアクセス制御、監査ログ、クラスタ横断検索などをサポートする。
  • イベント監視およびアラート通知:1つ以上のElasticsearchのインデックスからのデータが特定の条件に合致した場合に通知する。
  • 詳細なパフォーマンス分析機能:クラスタのさまざまなパフォーマンス指標に対するクエリを実行するためのREST API。プログラムからアクセスできるほか、「perf top」などのツールによる可視化にも対応している。
  • SQL対応:SQLステートメントを使用してクラスタに対するクエリを実行できるようにする。

 将来はさらなる機能が追加される予定だという。AWSのクラウドアーキテクチャストラテジ担当バイスプレジデントのAdrian Cockcroft氏によると、これらの機能の多くは、同社が「Amazon Elasticsearch Service」のために開発してきたものだ。Open Distro for Elasticsearchによって、オンプレミスやノートPC、あるいはクラウドなどどこからでも、この豊富な機能を備えた同じディストリビューションを実行できるようになる。

 Open Distro for Elasticsearchのライセンスには、Apache 2.0 Licenseが使用されている。AWSは、このプロジェクトはElasticsearchのフォークではなく、同社は今後もアップストリームへのコントリビューションを積極的に継続していくと述べている。公式サイトのFAQによれば、このプロジェクトは今後本家のアップデートに合わせて定期的にアップデートされる予定だという。

 GitHubにはすでにOpen Distro for Elasticsearchのプロジェクトが作成されている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]