編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

デジタル体験を構築するオープンソースCMS「Drupal」--アクイアジャパンが本格始動

石田仁志

2019-03-15 12:34

 オープンソースCMS(コンテンツマネジメントシステム)を提供するAcquiaの日本法人であるアクイアジャパンは3月13日、日本市場における事業戦略を発表した。

キャプション
Acquia チーフ・エグゼクティブ・オフィサー Micheal Sullivan氏

 Acquiaは、エンタープライズ向けオープンソースCMS「Drupal(ドルーパル)」用のクラウド型プラットフォーム(PaaS)製品「Acquia Experience Platform」を提供している。同製品は商用版のDrupalを中核とし、機械学習によるパーソナライゼーション機能やカスタマージャーニーに応じたレコメンド機能など、組織のデジタル戦略の推進に必要な機能群をモジュールとして提供するほか、APIで企業内外の様々なシステムやクラウドサービスとの連携も可能だ。

 システムは組織のデジタル成熟度に合わせて拡張可能で、シングルサイトの構築やグローバルでのウェブサイト一括管理という従来のエンタープライズCMS機能に加え、デスクトップやモバイル、SNS、デジタルサイネージ、会話型インターフェースなどあらゆる顧客接点におけるブランド管理を一括して行い、統合的な顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)およびデジタル体験の設計・提供を可能とする。

Acquia製品ポートフォリオ。上部の5製品はSaaSメニューとして提供する。
Acquia製品ポートフォリオ。上部の5製品はSaaSメニューとして提供する。

 Acquia チーフ・エグゼクティブ・オフィサー(CEO)のMicheal Sullivan氏は、Drupalについて「人数ベースで世界最大(130万人)のオープンソースコミュニティを有し、世界で4万6000人以上の技術者が活動、100万以上のウェブサイトで稼働している。世界で最も広く展開されているエンタープライズCMS」と紹介。またグローバルでのAcquiaのビジネスについては、顧客は4000社以上で、日本ではアステラス製薬やグローバル海運企業のオーシャン・ネットワーク・エクスプレス、三菱重工業などが採用しており、2018年度の売上は2億ドルを超えているという。

 日本法人は、2018年12月に設立。今後1~2年の間に日本オフィスをアジアでの地域本社にしていく計画だ。アジア・パシフィック・ジャパン ジェネラル・マネージャーのChris Gibbs氏は、「日本市場ではエンタープライズ市場、政府向け領域に注力し、今年度の売り上げは前年度比100%増を見込む。日本国内でも2年以内にエンタープライズCMS市場でトップを目指す」としている。

キャプション
Acquia アジア・パシフィック・ジャパン ジェネラル・マネージャー Chris Gibbs氏

 具体的な計画としては、まず国内の開発環境の強化として日本法人の技術とサポートの担当者を2倍に増やすほか、ドキュメントやホームページ、トレーニングのローカライゼーションを実施し、今年中に技術者向けの日本語による認定試験を開始する。このほかにも、国内のコミュニティの拡大に向けて支援する。

 販売面では、パートナービジネスの拡大を図る。現在のパートナーはCI&T、ANNAI、電通アイソバー、ジェネロ、関電システムソリューションズ、NTTレゾナントなど16社で、直近ではトランス・コスモスがパートナーになったほか、今後も「数か月内に国内とグローバルの大手SI会社2社がパートナーになる予定」(アクイアジャパン セールスディレクター 上田善行氏)と、大手ITベンダーをはじめとするパートナーシップが着実に進行している。

 このほかにAcquiaの特色として上田氏は、オープンソーステクノロジーを中核に持つことを挙げる。昨今のデジタル時代のシステム開発において、OSのレッドハット、コンテナ技術のDockerなどさまざまなカテゴリーにオープンソースソフトウェア(OSS)企業が台頭しているが、同様にAcquiaはCMS領域にとどまらず、顧客体験のためのデジタルプラットフォームを提供するOSS企業のリーダーのポジションを目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]