編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

世界でREITが優勢に--イールドハンターはどこ?

ZDNet Japan Staff

2019-03-15 10:44

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 景況感の悪化で株式の上値は重い
  2. イールドハンターは世界のREITを物色
  3. 内外REITに低コストで分散投資するには

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

景況感の悪化で株式の上値は重い

 世界の主要国で景況感が鈍化し、米国と英国で政治的不透明感が増したことで、株式市場ではリスクオフ(回避)姿勢が上値を抑える動きとなった。1~2月に株価が反発した反動もあり米国株が一服に転じると、外国人投資家の先物買い戻しも一服。日経平均も上値の重い展開となっている。OECD(経済協力開発機構)が発表する主要国(地域)の景気先行指数は下方傾向を鮮明にしている(図表1)。

 日本企業の外需環境が悪化するなか、米国株が調整する場面では、日本株も劣勢となりやすい状況だ。一方、年初から低下していた「米国経済政策不確実性」(U.S. Economic Policy Uncertainty Index)も上昇に転じ、(世間や投資家が抱く)米国の経済政策や財政政策を巡る不安が再び強まっていることが示されている。

 中国市場(株式と人民元相場)も回復の勢いが一巡し、英国のEU離脱問題も予断を許さない。株式が4月に向け下値を切り上げるには、以下4項目のうち、複数を目にする必要がありそうだ。

  1. 米中で貿易摩擦を巡る交渉が具体的に進展する
  2. 先週の「全人代」で中国共産党が発表した景気浮揚策の効果で中国景況感が底入れをみせる
  3. 米国の経済指標が景気の底堅さを示す
  4. EUが英国のEU離脱期限(3月28日)延期で合意する

 日銀が15日の政策決定会合で追加的な金融緩和措置を決定することになれば、国内株式の支援材料となりそうである。

図表1:世界の景況感悪化が日本株の重石

図表1:世界の景況感悪化が日本株の重石
*景気先行指数=OECD Leading Economic Indicator(2019年1月迄)
出所:OECD(経済協力開発機構)、Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2012/1~2019/2)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]