編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

米FCC、「テラヘルツ波」周波数帯を実験向けに開放へ

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-03-18 11:01

 米連邦通信委員会(FCC)が6Gとその後の未来への準備を進めているようだ。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

 FCCは米国時間3月15日、将来的に6Gサービスのために使われるかもしれない「テラヘルツ波」周波数帯を開放することを満場一致で決定した。95ギガヘルツ(GHz)~3テラヘルツ(THz)をカバーするこの周波数帯は、実験的な使用のために開放される。これにより、次世代のワイヤレスを夢見るエンジニアたちが実験を開始できるようになる。

 FCCは同委員会の規則を通して、新製品や新サービスを試す10年間のライセンスをイノベーターに与える。

 ニューヨーク大学(NYU)の教授で、5G向けのミリ波技術の研究を主導するTed Rappaport氏は、「『Spectrum Horizons』イニシアチブと今回の歴史的な投票により、FCCは6Gへの競争を開始した。このことは、米国が将来世代のワイヤレス技術で主導的な役割を果たす助けになるだろう」と述べた。

 2月、テクノロジコミュニティーの多くの人が、Donald Trump大統領による6Gへの言及に疑問を呈した。しかしRappaport氏は、次世代技術について考えるのに早過ぎるということはないとした。

 これまでのところ、この超高周波数帯を使用できる実際の用途は実証されておらず、想像さえされていない。しかし、研究者たちはすでに未来のことを考えている。3月下旬には、科学者やエンジニアがフィンランドで開催される「6G Wireless Summit」に出席する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]