編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「手ぶらで決済」実現に向けて--NEC、顔認証決済を実証実験

大場みのり (編集部)

2019-03-18 15:53

 NECは3月18日、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験について発表した。グループ社員向けの福利厚生施設「NEC芝倶楽部」で実施する。期間は3月18日から4月19日まで。

 近年、キャッシュレス決済が注目を集めている。今回、顔認証AI(人工知能)エンジン「NeoFace」を活用し、NEC芝倶楽部の飲食サービスを利用するグループ社員を対象に、キャッシュレス決済の仕組みを提供する。

 実証のサービスは、カメラ機能を搭載するPCやスマートフォン、タブレットなど用いて、事前に撮影、登録した利用者の顔画像とクレジットカード情報を関連付ける。代金支払いの際は、レジカウンターに設置したカメラで顔画像を撮影し、事前に登録したデータと照合することで、本人かどうかを確認する。それによって、利用者はクレジットカードや現金を使用することなく、手ぶらでの決済が可能となる。

顔認証決済サービスの利用イメージ(出典:NEC)
顔認証決済サービスの利用イメージ(出典:NEC)

 NECは「この実証実験を通じて、不特定多数の人が利用する実店舗における認証性能や運用負荷を評価、検証し、技術性能や運用知識を蓄積していくつもりだ。それによって、利用者の利便性、安全性を向上するとともに、顔認証決済サービスの普及、拡大を推進していく」と説明する。

 加えて、国内電子マネー決済サービス「マルチサービスゲートウェイ」のオプション機能として、顔認証決済サービスを2019年内に販売開始する予定としている。

顔認証決済サービスの利用までの流れ(出典:NEC)
顔認証決済サービスの利用までの流れ(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]