編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ルノー・日産・三菱アライアンス、「Microsoft Azure」活用のコネクテッドカー提供へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-22 11:11

 ルノー・日産アライアンスは2016年9月に、次世代の自動車でMicrosoftの複数のクラウドサービスを利用する計画を発表した。そして3月20日、ルノー・日産・三菱アライアンスはMicrosoftの「Connected Vehicle Platform」のパートナーとして初めて、このプラットフォームで提供されるサービスを大規模に利用する準備ができたと発表した。

Microsoft
提供:Microsoft

 Connected Vehicle Platformは、コネクテッドカーが「Microsoft Azure」や「Office 365」をはじめとするMicrosoftのさまざまなクラウドサービスをバックエンドで利用できるようにするためのプラットフォームだ。

 ルノー・日産自動車・三菱自動車が今回発表したのは、「Alliance Intelligent Cloud」(アライアンス インテリジェント クラウド)の正式な立ち上げだ。3社は、車両を販売している200の市場のほぼすべてで、コネクテッドサービスを提供できるようにするとしている。Microsoftは、これらの車両は「Connected Vehicle Platformが大規模に利用される最初の車両になる」と述べている。

 Microsoftのプレスリリースによると、Alliance Intelligent CloudはAzureを採用することに加えて、「以前から使われている複数のコネクテッドカー向けソリューションと、現在および未来のコネクテッドカーの機能や、モビリティサービスを支える業務ソリューションを統合」したものになるという。Alliance Intelligent Cloudによって、リモートサービスや、プロアクティブなモニタリング、コネクテッドナビゲーション、コネクテッドアシスタンス、OTAソフトウェアアップデートなどのさまざまなサービスが提供される。また、Alliance Intelligent Cloudに対応している自動車を未来のスマートシティインフラに接続できるようにもなる。

 Alliance Intelligent Cloudのテクノロジを活用する最初の車種はルノーの新型「クリオ」と、日本および欧州で販売される「日産リーフ」の一部のモデルだ。3社によると、「2019年後半より」これらの車両でMicrosoftのクラウド経由のサービスが提供開始される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]