編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

明電舎、BIツールで勤務状況を可視化--実労働時間の即時把握、データ作成の効率化へ

大場みのり (編集部)

2019-03-28 12:34

 電気機器メーカーの明電舎は、レジェンド・アプリケーションズのビジネスインテリジェンス(BI)ツール「LaKeel BI」を採用した。レジェンドが3月27日に発表した。

 明電舎は2018年度以降の中期経営計画で、働き方改革に関する取り組み「スマートワーク2020」を策定し、長時間労働の是正や柔軟な働き方の促進に取り組んでいるという。その中で、実労働時間の即時把握が困難なことや、手作業での勤務データの抽出と加工による担当者の作業負担が重いことが課題となっていた。これを受け同社は、勤務状況の可視化や業務の効率化を目的に、LaKeel BIの採用を決定した。

 LaKeel BIを採用した決め手は、次の通りである。

  • 従業員の勤務状況を多くのダッシュボードで即座に可視化できること
  • 現行勤怠システムとの連携実績があり、多様なデータを取り込めること
  • 明電舎独自の人事白書など各種統計資料の作成、出力ができること
  • 利用者が増加してもコストが一定な「サーバライセンス型」の料金体系であること

 レジェンドによると、LaKeel BIは、さまざまな切り口で労務状況を可視化し、詳細な情報公開を可能にするという。同社は、このサービスを用いて明電舎における管理職の意識改革を促進することで、働き方改革を促進させるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]