編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

4月ローンチ「Visual Studio 2019」、強化された機能をプレビュー版で確認

ZDNet Japan Staff

2019-03-30 08:00

 Microsoftは米国時間12月4日、「Visual Studio 2019 Preview」をリリースした。世界中で数多くの開発者がソフトウェアのコーディングやデプロイに使用する、人気の統合開発環境(IDE)の最新バージョンだ。

 今回のリリースは、さまざまな生産性向上やコラボレーション機能の強化とともに、より高速なツール群を提供する。

 注目される機能として、新しいスタートウィンドウが加わった。開発者はこのウィンドウから、IDEや新しい検索機能、「IntelliCode」オートコンプリートとオートフォーマット向けにAIを活用したより広範なアシスタント機能のほか、改良されたリファクタリング機能、より高性能なデバッグ機能にアクセスできる。

(「Visual Studio 2019」のローンチイベントが米国時間4月2日に開催されます。本記事は、TechRepublic Japanで2018年12月6日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]