編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クアルコムの元CEOジェイコブズ氏、 自社買収を断念との報道

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-04-03 10:44

 Qualcommの元最高経営責任者(CEO)のPaul Jacobs氏は、同社を買収して株式を非公開化するための戦いを断念したと報じられている。

 Qualcommに長年在籍しているJacobs氏は、1990年に入社、2005年から2014年にかけてCEOを務めた。2009年から2018年には、取締役会長も務めた。今後は、Qualcommの株式非公開化の代わりに、自身が創設したワイヤレス技術スタートアップのXCOMに注力するとみられる。

 The Wall Street Journalの報道によると、Steve Mollenkopf氏にCEOの座を譲ったJacobs氏は、Qualcommの財務状況の変化を考慮して、自身の計画を再考したという。

 BroadcomがQualcommに敵対的買収を仕掛けていた時期に、Jacobs氏は会長の座を退いた。その後、同氏はQualcommの株式を非公開化したい意向を2018年3月に明らかにした。Broadcomによる敵対的買収の試みは、同社がシンガポールに本社を置いていることに関連する「国家安全保障上の懸念」を理由に、米国のDonald Trump大統領が介入して禁止命令を出したことで失敗に終わった

 Jacobs氏はその後、取締役会に再選されなかった。複数の重要な取締役は、「Jacobs氏がQualcomm買収を提案する可能性を探ることに決めたと取締役会に通知した」ことで、利害の対立が生じると述べていた。

 Qualcomm買収の試みを成功に導くことは、これまでもずっと、支援者による潤沢な財源が必要になる困難な戦いだった。Qualcommは自社の市場価値が900億ドルと評価されていたときに、Broadcomによる1460億ドルでの買収提案を拒絶した。Jacobs氏はQualcommの1%しか所有していない。

 Qualcommの現在の推定市場価値は670億ドルで、Jacobs氏はもはやそれほど魅力を感じていないとWSJは示唆している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]