ヴイエムウェアのGPLv2違反をめぐる訴訟、Linux開発者が継続を断念

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2019年04月03日 13時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 著名なLinux開発者Christopher Hellwig氏は2006年8月、VMwareのベアメタル仮想マシン(VM)ハイパーバイザ「VMware ESX」で、Linuxのソースコードが不正に使用されていることに気づいた。Hellwig氏はSoftware Freedom Conservancyの支援を受けてVMwareを提訴したが、ドイツのハンブルグ高等地方裁判所が本件の上訴を退けたのを受けて、同氏はさらなる上訴には意味がないとして裁判の継続を断念した。

 この訴訟で争われたのは、「vSphere VMware ESXi 5.5.0」がLinuxの著作権を侵害したかどうかだった。この問題は、VMwareがLinuxから派生した二次的著作物をGNU General Public License(GPL)の下に公開しなかったことで起こった。VMwareはvmklinuxコンポーネントをGPLの下で公開したが、そのコンポーネントと結びついたハイパーバイザコンポーネントは公開していない。

 Hellwig氏の表現では、「VMwareはLinuxカーネルのバージョン2.4を大々的に改変し、巨大なバイナリブロブを追加し、法的に再配布できないLinuxカーネルを派生させた」ということになる。

 Hellwig氏とSoftware Freedom Conservancyは、数年に渡ってVMwareの製品からLinuxコードを除去するか、LinuxのGPLv2に準拠した形で製品をオープンソース化するよう同社の説得を続けた。しかしその説得は、功を奏さなかった。

 このため、Hellwig氏とSoftware Freedom Conservancyは、2015年にドイツのハンブルグ地方裁判所に対してVMwareを提訴した。Hellwig氏らはその際、「GPLv2に対する全般的な違反に加えて、VMwareがGPLv2の下でライセンスされている著作権のあるLinuxコードと、同社が『VMkernel』と呼んでいるプロプライエタリなコードを組み合わせているにもかかわらず、組み合わされた成果物に対してGPLv2が求めている、対応する完全なソースコードの提供や開示の義務を遂行することなく、その成果物を配布している」と主張した。

 それから数年を経た2018年11月、ドイツの裁判所はその訴えを退けた。Hellwig氏は上訴し、戦いを続けた。Software Freedom Conservancyは当時、「地方裁判所は証拠法に基づき、おそらくは該当コードのドキュメントに対する理解の不足から、この件を棄却した」と述べていた。

 Hellwig氏は最新の判決について、ハンブルグ高等地方裁判所は「訴状の実質的な問題については扱わず、第一審と同じように、Linuxから流用されたコンポーネントの権利の帰属や著作権保護機能に関する証明が不十分であることを理由として上訴を退けた。裁判所が課した要件は極めて厳しく、個人のフリーソフトウェア開発者が独力で権利を主張することを困難にするものだった」と説明している。

 さらにHellwig氏は、裁判所はLinuxコミュニティで著作権トロールのPatrick McHardy氏が起こした事件に影響を受けていると考えている。この事件は、McHardy氏はLinuxのGPLv2に違反しているとして複数の企業を提訴し、賠償金を要求していたというものだ。Linuxカーネル開発者コミュニティは、McHardy氏の主張を激しい調子で否定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]