編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アクロニス、企業向けバックアップソフトの最新版公開--管理可能デバイスを増強

大場みのり (編集部)

2019-04-03 17:35

 アクロニス・ジャパンは4月3日、企業向けバックアップソフト「Acronis Backup 12.5」のメジャーアップデートをリリースした。このアップデートにより1台の管理サーバで管理できるデバイスが8000台に増え、ユーザーはウェブインターフェースから全てのデータ、アプリケーション、システムを保護できるようになった。

 アップデートでの機能追加は以下の通り。

  1. 物理データ配送:最初のフルバックアップをHDDに行い、そのHDDをアクロニスのデータセンタに配送することにより、最初のシーディングを迅速に行うことができる機能
  2. 拡張性の強化:1台の管理サーバで最大 8000台まで管理することで、インフラ資源を節約
  3. サポート言語の追加:ブルガリア語、ノルウェー語、スウェーデン語、フィンランド語、セルビア語、マレー語、インドネシア語に対応
  4. ランサムウェア対策ソフト「Active Protection」の改善:暗号通貨取得のため膨大な暗号計算を無断で実行するクリプトマイニングマルウェアの検知、ローカルドライブとして関連づけられているネットワークフォルダの保護
  5. クロスプラットフォーム変換:バックアップファイルを仮想化システム「VMware Workstation」や「Microsoft Hyper- V」 のハイパーバイザ上で動作可能なVMファイルに変換できる機能(VHDX、VMDKフォーマット)
  6. 新たなOSのサポート:
    Microsoft Exchange Server 2019
    Windows Server 2019 with Hyper- V
    Microsoft Hyper- V Server 2019
    VMware vSphere 6.7 update 1
    Citrix XenServer 7.6
    RHEL 7.6
    Ubuntu 18、10
    Fedora 25、26、27、28、29
    Debian 9.5、9.6
    Windows XP SP1 (x64)、SP2 (x64)、(x86)

 アクロニスは、サイバープロテクションに必要とされる「Safety、Accessibility、 Privacy、 Authenticity、 Security(SAPAS)」に対応したサービスの実現のため、その技術を継続的に強化しているとする。このアプローチにより、企業のデータを最新のサイバー脅威から守るとともに、容易な利用、検証ができるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]