編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、PCサーバ「PRIMERGY」の新モデルを発売

NO BUDGET

2019-04-05 15:33

 富士通は、PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY((PRIMERGY)」シリーズの新モデル6機種を発表し、順次グローバルで発売する。新モデルのうち「PRIMERGY CX2550 M5」と「PRIMERGY CX2560 M5」が東京大学情報基盤センターの新スーパーコンピュータシステムに採用され、2019年7月の稼働開始に向けてシステムを構築中という。

マルチノード型サーバ「PRIMERGY CX2550 M5」搭載イメージ(背面)
マルチノード型サーバ「PRIMERGY CX2550 M5」搭載イメージ(背面)

 新モデルの6機種は、いずれも最新のインテル製CPU「第2世代 インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を搭載し、1CPU当たり従来比約15%の性能向上を実現している。また、不揮発性メモリ「インテル Optane DC パーシステント・メモリー」を搭載し、ストレージ処理は従来比で約3倍に高速化させている。

 ラック型サーバの「PRIMERGY RX2530 M5」および「PRIMERGY RX2540 M5」はサーバ1台当たりのメモリ容量を最大7.6テラバイト(TB)まで、「PRIMERGY RX4770 M5」は同15.3TBまで拡張可能。マルチノードサーバ「PRIMERGY CX2550 M5」「PRIMERGY CX2560 M5」「PRIMERGY CX2570 M5」の3機種は、高集積密度による省スペースおよび高性能化を実現し、水冷にも対応することで、ハイパフォーマンスコンピューティングに最適な構成が可能となっている。

 新モデルのユーザーは、無償の運用管理ソフトウェア「FUJITSU Software Infrastructure Manager Essential」を導入することにより、サーバやストレージ、ネットワーク機器の監視、ファームウェアの更新、カスタマイズ可能なダッシュボードなどの機能を利用できる。また有償版の「FUJITSU Software Infrastructure Manager Advanced」を利用することで、サーバルームやデータセンターのフロア全体のラックや機器設置場所まで一目で分かる「ラック・フロアイメージ表示」や、物理および仮想が混在したより複雑なサーバ構成でのネットワークの可視化ができる。

 新モデルの希望小売価格および提供開始時期は下記の通り。

キャプション

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]