編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

「Raspberry Pi 3 Model A+」のOSダウンロードから周辺機器接続まで

ZDNet Japan Staff

2019-04-07 08:00

 「Raspberry Pi 3 Model A+」は、Raspberry Piシリーズの最新ボードだ。

 「Raspberry Pi 3 Model B+」の弟分であり、ほぼ同じスペックがより小さく安価なコンピューターに詰め込まれている。

 25ドルのA+は他のPiボードと同様、ソフトウェアとハードウェアについて学びたいテクノロジー愛好家を対象としており、B+と同じ1.4GHzのクアッドコアプロセッサを搭載し、802.11ac Wi-FiとBluetooth 4.2をサポートする。B+との主な違いは、メモリ容量が半分の512Mバイトで、イーサネットに対応しておらず、USB 2.0ポートが1基しかないことだ。

 しかし、低価格、小型、最小限の消費電力といった特徴を持つPi 3 A+は、前世代の「Raspberry Pi 1 Model A+」と同じく、電子機器を自作したい人にとって良い選択だ。

 本記事では、「Windows」マシンを使用してRaspberry Pi 3 Model A+をセットアップする方法を解説する。まずはmicroSDカード上でのOSのセットアップからだ。米TechRepublicの記事に掲載された動画では、このプロセスを順番に説明している。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年11月29日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]