編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

2018年第4四半期のコンバージドインフラ支出は前年同期比14.8%増

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-04-10 06:30

 IDCの調査によると、2018年第4四半期におけるコンバージドインフラ支出は前年同期比14.8%増となったという。

 IDCは、ハイパーコンバージドインフラが市場全体をけん引し続けていると記している。同社は、インテグレーテッドインフラストラクチャ(サーバ、エンタープライズストレージシステム、ネットワーク機器およびシステム管理ソフトウェアの組み合せをベンダーが認定した上で統合したシステムパッケージ)と、統合プラットフォーム(さらに、アプリケーション開発ソフトウェアおよびデータベース、テスト、統合ツールを機能させるためのソフトウェアパッケージも事前に統合し最適化したシステム)、ハイパーコンバージドシステム(単一のサーバーベースのハードウェア上に、コンピュートおよびストレージの機能を高度に仮想化して提供するソリューション)という3つのセグメントに分類している。

 インテグレーテッドインフラストラクチャの2018年第4四半期における支出は前年同期比で6.4%の減少を、統合プラットフォームも8.4%の減少を記録した。一方、ハイパーコンバージドシステムは前年同期比57.2%増の19億ドルという支出を記録し、これらの減少とは対照的な結果になった。

 Dellは第4四半期におけるハイパーコンバージドシステム市場シェアの28.6%を獲得している。ハイパーコンバージドシステム向けソフトウェアについては、VMwareが市場シェアのトップを獲得しており、その後にNutanixが続いている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]