Google Cloud Next

「Google Cloud Next '19」が開幕--グーグルが描くハイブリッドクラウド戦略

藤本京子 2019年04月10日 18時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Googleの年次カンファレンス「Google Cloud Next '19」が4月9日(米国時間)、米国サンフランシスコで開幕した。同イベントは3日間にわたって開催され、クラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)を中心に戦略やサービスが発表される。

Google CEOのSundar Pichai氏
Google CEOのSundar Pichai氏

 初日の基調講演の冒頭、姿を見せたのは、Google 最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏。Pichai氏は、「Googleにとってクラウドは最も大規模に投資している分野のひとつだ」として、今回韓国ソウルと米国ユタ州ソルトレイクシティに、Google Cloudの新たなリージョンを開設すると発表した。両リージョンは2020年にオープンする予定だ。

 なお、Googleは日本で2カ所目となる大阪リージョンの開設を既に発表しているが、同リージョンは数週間以内にオープン予定だという。

ハイブリッドクラウドプラットフォーム「Anthos」を発表

 Pichai氏に続いて登壇したのは、2018年12月にGoogle CloudのCEOに就任したThomas Kurian氏だ。これまでOracleの役員を務めてきた同氏がGoogle Cloudのトップに立ったことで、GCPのエンタープライズ分野での戦略が改めて注目されている。

Google CloudのCEOのThomas Kurian氏
Google CloudのCEOのThomas Kurian氏

 Kurian氏が発表したのは、ハイブリッドクラウドプラットフォーム「Anthos」だ。

 Anthosは、Googleが2018年に発表した「Cloud Services Platform」からブランド名を変更したもので、今回の発表と同時に一般提供を開始した。Anthosを使えば、アプリケーションをGCPだけではなく、オンプレミスのデータセンターや他社のパブリッククラウドなど、あらゆる場所で実行できるようになり、「Write once, run anywhere(一度書けばどこでも動く)」が実現するという。

 Anthosはソフトウェアベースのソリューションで、既存のハードウェアから実行可能だ。Google Kubernetes Engine(GKE)がベースとなっており、最新機能のアップデートやセキュリティパッチを自動で取得できる。Googleがマネージドサービスとして提供するため、オンプレミスや他社クラウドも含めハイブリッド環境をまとめてGoogleが運用する。

 Kurian氏はさらに、クラウドへの移行ツール「Anthos Migrate」のベータ版も同時に発表した。同ツールにより、仮想マシンをオンプレミスや他のクラウドからGKEのコンテナに自動的に移行できるとした。

オープンソースソフトウェアベンダーとの提携

 基調講演では、データ管理やデータ分析を手がけるオープンソースベンダーとの戦略的パートナーシップも発表。Confluent、DataStax、Elastic、InfluxData、MongoDB、Neo4j、Redis Labsと提携し、各社のサービスをGoogleがマネージドサービスとして提供するという。これにより、Google Cloud Consoleを使って各サービスを単一のインターフェースで管理できるようになる。請求もGoogle Cloudに統一されるほか、サポートもGoogle Cloudを通じて一貫した管理や記録が可能となる。

サーバーレスコンピューティングプラットフォーム「Cloud Run」

 さらにGoogleは、コンテナ型アプリケーション向けのサーバーレスコンピューティングプラットフォーム「Cloud Run」も発表している。Cloud Runはフルマネージドのサーバーレス実行環境で、オープンAPIとランタイム環境のKnativeがベースとなっている。これにより、ユーザーはワークロードをオンプレミスや複数のクラウド上で実行することが可能で、アプリケーションのポータビリティが実現するという。

 Kurian氏は、「Googleはグローバルスケールのインフラでデータを管理し処理することで、グローバル企業のデジタル変革を支えている。われわれのデジタル変革プラットフォームによって、アプリケーションのモダナイゼーションが可能となり、データを分析して知見を得ることができるようになる。こうしたプラットフォーム上でわれわれはパートナーとともにさまざまな業界向けソリューションを提供しているのだ」と述べ、今回発表したさまざまなサービスやパートナーシップがユーザー企業のデジタル変革に結び付くとした。

Googleの「デジタル変革プラットフォームで実現すること」が示された
Googleの「デジタル変革プラットフォームで実現すること」が示された

(取材協力:グーグル)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]