編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

グーグル、Androidスマホに組み込みのセキュリティキーを使った2段階認証を可能に

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-04-11 08:28

 Googleは、「Android 7.0」以降を搭載するスマートフォンで、組み込みのセキュリティキーを使用できるようになったと発表した。現在提供されているものはベータ版で、2段階認証プロセスによりGoogleアカウントや企業などが利用する「Google Cloud」アカウントなどの保護を強化できるとしている。

 「新しいAndroidスマートフォンのほぼすべてにセキュリティキーが含まれていると考えてほしい。それは、10億人以上のユーザーにとって非常に使いやすいフォームファクタだ」と、GoogleのTrust and Securityマーケティング責任者を務めるRob Sadowski氏は先週、報道陣に述べた。「これを認証のツールにすれば、使いやすいし、いつでも利用できる」(Sadowski氏)

 セキュリティキーは、多要素認証(複数の方法によってログインの権限を持つユーザーであることを証明すること)を通じてセキュリティを強化してくれる。パスワードはオンラインで盗めるかもしれないが、ユーザーが持っている物理的なセキュリティキーを盗むのはもっと困難なことが多い。

 Androidスマートフォンの組み込みのセキュリティキーを使用してパソコンでログインするには、Android 7.0以降を搭載するスマートフォンと、Chrome OS、macOS X、Windows 10など、互換性のあるオペレーティングシステムを搭載し「Chrome」ブラウザを実行するBluetooth対応のコンピュータさえあれば、Android搭載端末のセキュリティキーを有効にすることができる。

 ソフトウェアベースのソリューションであるセキュリティキーは、FIDO規格に基づいている。スマートフォンを紛失する可能性を考えて、アカウントに対して少なくとも2つのセキュリティキーを登録することをGoogleは推奨している。Androidスマートフォンによってセキュリティキーを提供する以外に、Googleは「Titan Security Key」も製造している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]