編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

三井物産、デジタルトランスフォーメーション戦略にマイクロソフトのサービスを活用

NO BUDGET

2019-04-16 10:19

 三井物産は、多様な個のコミュニケーションを活性化させ、新しい価値を生み出すデジタルトランスフォーメーション戦略に、日本マイクロソフトの支援を活用する。日本マイクロソフトが発表した。

 三井物産は、2018年からペーパーレス化による会議のデジタル化を経営幹部主導で推進し、資料作りや準備に費やしていた時間の効率化に取り組んでいる。

 同社は、「66の国と地域で働く連結約4万2000人の多様な個が持っているアイデアや情報、技術、ビジネスパートナーを結びつけ、知的化学反応を生み、新しい価値を提供するビジネスを創出する」という目標を掲げている。この実現に向けて、マイクロソフトのコラボレーションツールTeamsやYammer、情報共有スペースSharePoint OnlineなどのMicrosoft 365製品や、パブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azureなどを活用し、会議の効率化やコミュニケーションの迅速化、活性化を進める。同時に関係会社とのフラットなコミュニケーションの活性化・円滑化や、情報検索性の向上も図っていく。

 このほか、Formsによるアンケートなどの活用や、SharePoint、Flowなどを活用した報告・申請の電子化も進める。また、Microsoft 365 製品を軸としたコミュニケーション基盤とセキュリティプラットフォームによる高度なトータルセキュリティ環境の実現も目指す。

 これらの取り組みに伴い、日本マイクロソフトはExchange Online化に向けたコンサルティングを始め、マイクロソフトの製品・サービスの導入、高度な利活用を支援していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]