編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

AWS互換のITインフラ構築ソフト--ネットワールドが提供開始

大場みのり (編集部)

2019-04-16 18:15

 ネットワールドは4月16日、イスラエルの企業Stratoscaleと国内代理店契約を締結し、Amazon Web Services(AWS)と互換性のあるITインフラ環境をプライベートクラウドとして構築できるソフトウェアソリューションの販売を開始した。

 Stratoscaleのソフトウェア製品は、AWS EC2互換サービスを組み込んだフルプライベートクラウド(IaaS)ソリューション「Stratoscale Software Defined Data Center」、完全に自動化されたSQLおよびNoSQLデータベースプラットフォーム(DBaaS)「Stratoscale Database Platform」、Kubernetesソリューションで複数のKubernetesクラスターにおける予測や管理の複雑さを解消する「Stratoscale Container Platform」と、これら3つを全て含む「Stratoscale Cloud Service Platform」で構成される。

 価格体系は、物理CPUソケットごとのソフトウェアサブスクリプションとなり、Stratoscale Software Defined Data Centerの標準構成では354万円(税別)からである。

(出典:ネットワールド)
(出典:ネットワールド)

 ネットワールドは、近年パブリッククラウドへのワークロード移行が進む一方で、コストやセキュリティ、コンプライアンスの理由から、多くの組織がアプリケーションやデータをオンプレミスで運用し続けていると説明する。Stratoscaleでは、AWS互換のインフラと各種サービスをオンプレミスのデータセンター内で実現するプライベートクラウド構築ソフトウェアを提供しており、これにより、パブリッククラウドにおける柔軟性と迅速性を維持しながら、オンプレミス環境でAWSと同等の操作によって重要なアプリケーションや機密性の高いデータを管理、運用することができるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]