編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

SAPの元幹部エンスリン氏、Google Cloudに移籍--顧客戦略のトップに

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-04-18 11:22

 SAPの元ベテラン幹部であるRobert Enslin氏が、グローバルカスタマーオペレーション担当の新しいプレジデントとしてGoogle Cloudに加わる。同社が米国時間4月17日に発表した。Enslin氏は22日から勤務を開始し、Google Cloudの新しい最高経営責任者(CEO)であるThomas Kurian氏の指揮下に入る。Kurian氏が投稿したブログ記事によると、Enslin氏の前任者であるPaul-Henri Ferrand氏は、「Google内の新たな課題に取り組む決意をした」という。

Robert Enslin氏 Robert Enslin氏
※クリックすると拡大画像が見られます

 Enslin氏はSAPでこの27年間を過ごし、直近では、クラウドビジネスグループ担当プレジデントを務め、エグゼクティブボードメンバーでもあった。Qualtricsを80億ドルで買収するなど、SAPのクラウドポートフォリオの積極的な拡充を監督した。他の著名な幹部数人の退職と会社再編の発表後、4月にSAPを去った。

 Kurian氏によると、Enslin氏はGoogleで「重要な役割」を担うという。「組織の構築とグローバルな組織運営に関する専門知識、そのビジネス感覚、顧客やパートナーとの深い関係により、Enslin氏はこの仕事にうってつけだ」(Kurian氏)。

 Kurian氏はEnslin氏について、南アフリカや欧州、アジア、米国での勤務経験があり、Googleに重要な国際経験をもたらしてくれるとも指摘している。

 Oracle出身のKurian氏とSAP出身のEnslin氏がGoogle Cloudの顧客戦略を率いる立場に立ったおかげで、OracleやSAPから営業に精通した人材が今後、Googleに引き抜かれることも考えられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]